« 暑すぎる体育館 | トップページ | 久しぶりのライブ »

耐力壁の最小長さついて

耐力壁の最小長さについてふれたいと思います。

国土交通省告示1540号第5第7号によると、
《外壁の耐力壁線相互の交差する部分には、長さ90cm以上の耐力壁を一以上設けなければならない》とあります。

また、枠組壁工法建築物設計の手引(2007)P.52 には、《交差部以外の耐力壁の必要幅は、その耐力壁の1/3以上とするのが一般的であるが、幅を1/3未満の耐力壁として配置する場合は、「枠組壁工法建築物構造計算指針」を参照し、慎重に検討されたい。》とあります。

そして、枠組壁工法建築物構造計算指針(2007)P.13、P.36 には、耐力壁の条件として《脚長が60cm以上ある無開口壁》ただし、記載されているのは許容応力度計算に関するページです。

一般的に枠組壁工法建築物の壁高さは、H=2450 or H=2750 なので、
2450×1/3≒816
2750×1/3≒916
やはり、90cm以上が良いと思います。

当事務所では、
耐力壁の最小長さを安全性も考慮し、耐力壁の位置に関係無く下記の通りとしています。

二階建などの壁量計算法による場合
90cm以上
三階建などの許容応力度計算による場合
60cm以上(出来る限り900以上とする)

次回も、ツーバイフォー(枠組壁工法)は、国土交通省告示の基準について書きたいと思います。

|

« 暑すぎる体育館 | トップページ | 久しぶりのライブ »

構造」カテゴリの記事

構造計算」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1032100/36992008

この記事へのトラックバック一覧です: 耐力壁の最小長さついて:

« 暑すぎる体育館 | トップページ | 久しぶりのライブ »